weddingドレスにまつわる豆知識

weddingドレスの始まり

 もともと花嫁が着るweddingドレスは、サフランで染めた黄色い衣装とヴェールでしたが、花嫁の処女性を重視するキリスト教が広まってから、現在のような白いweddingドレスが主流となりました。なお、キリスト教の挙式では、花嫁は肌を露出してはいけませんので、ハイネックで長袖、ロングトレーンを着用するのが慣例となっています。
 中世のヨーロッパでは白いウェディングドレスではなく、流行のファッションに合わせた色のドレスが着られていました。白いドレスが普及したのはビクトリア女王の結婚式がきっかけといわれています。当初は、白いドレスは裕福さの象徴とされていたのですが、産業革命以降は一般庶民にも手が届く存在となりました。

花嫁の肌色に会う白色

 日本で白色の花嫁衣装が普及しているのは、白色が清潔・新鮮・純潔・無垢という意味を持っており、「あなたの色に染まります」という意味から普及したといわれています。しかし、白色といっても純白のスノーホワイトからオフホワイトまで白には幅があります。花嫁の肌の色に合わせて似合う白色は異なり、花嫁に似合う白いドレスを見つけられるようになっています。
 ちなみに、一昔前までの日本では白無垢が主流でした。日本でウェディングドレスが普及したのは、ダイアナ元妃の結婚式以降となっています。白無垢や打掛に関しても、当時の武家がその権力や財力の象徴として作った衣装です。白い色は死に装束の色でもあり、嫁いだ後は実家の人間ではなくなる、生まれ変わるという意味も白無垢には込められていました。

関西地方に住んでいる方で結婚指輪の購入する場合は大阪がお勧めです。大阪は関西の中でも多くの結婚指輪を販売しているお店が集まっています。このようなことから、結婚指輪を大阪で探せば多くの商品を一度に比較することができるのです。

 

© Copyright Wedding Space . All Rights Reserved